1. ホーム
  2. 汗臭い
  3. 原因
  4. ≫汗腺機能の低下で大量の汗をかく理由と対策とは?

汗腺機能の低下で大量の汗をかく理由と対策とは?

大量の顔汗

顔、ワキ、手足などの局部に大量の汗をかく、という人は汗腺機能が低下している可能性があります。
運動不足が続いたり、夏場空調が効いている場所にずっといたりして、汗腺を活動させずにいると、身体は汗をかく必要がないと判断し、汗腺は休眠してしまいます。
休眠した汗腺が多くなると、局部的に大量の汗をかくようになってしまうのです。

夏に向かい日差しが強くなると、日中は汗をかくことが多くなります。
汗をかくことは、人間の体温調節に必要ですが、男女問わず、汗による体臭も気になるでしょう。
汗には良い汗と悪い汗の2通りがあるのを知っていますか?

  • 良い汗 :水に近いサラサラ状態で、蒸発しやすく無臭。
  • 悪い汗 :ベタベタしており、乾きにくく悪臭がする。

悪い汗は、皮膚をアルカリ性にするミネラルを含んでいるので、常在菌が繁殖がしやすく悪臭がします。
ミネラルを含む原因は、汗腺機能が低下することで、ミネラルを再吸収できなくなってしまうことです。

 

汗が出る仕組み

人間の体温は36度前後です。この温度が人間の器官や細胞が効率良く動く温度で、高すぎても低すぎても、身体の為には良くありません。

よって、人は皮膚にある汗腺で汗を作り、体温調節をしているのです。

汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

全身にある汗腺は、エクリン腺で、温熱性発汗、精神性発汗、味覚性発汗を起こします。
エクリン腺から出る汗は99%が水分、1%は塩素、ナトリウム、カリウム、尿素、アンモニアなどです。

一般的に汗をかくことは良いことですが、エクリン腺から大量に発汗すると、水分不足に陥ってしまいます。

逆に汗をかかないと、体の中でミネラル分がろ過されることなく、汗に混じって排出されます。これがベトベト汗と言われるもので、汗臭さの元なのです。

さらに汗をかかないと汗腺機能が低下し、汗をかきにくくなるという悪循環に陥ってしまいます。

アポクリン腺は、体温調節とは関係なく、主として脇下、耳の後ろ、外陰部などから分泌されます。
アポクリン腺から出る汗は、水分が70~80%、残りがタンパク質、脂肪、尿素、アンモニアです。
この汗は粘り気があり、体臭の原因になります。
汗をかく人、かかない人の違い

人間の汗腺の数は約500万あると言われていますが、実際に働いている汗腺(能動汗腺)の数は約230万。
この働いている汗腺の数によって、汗をかく人、かかない人がでてくるのです。
能動汗腺は、子供の頃から汗をかくことで増えていきますが、汗をかかないと能動汗腺が少なかったり、汗腺機能が低い子供になってしまいます。
その結果、体温調節がうまくできず、暑さに弱くなったり、熱中症になリ易いとのこと。
しかし、汗腺の機能の低下している人は、汗腺を鍛えれば体温調整ができるようになり、汗臭さも抑えられます。

 

汗腺のトレーニング方法

汗腺トレーニングの方法は簡単です。入浴方法にコツがあります。

①浴槽の1/3まで、43~44℃の熱めのお湯をためる。
②前かがみになって、両手の肘から手先まで、両脚のひざから下までを、約15分ほどお湯につけ温める。
③終わったら、浴槽にぬるま湯を足して36度のお湯にし、普通に10~15分ほど湯船につかる。
④お風呂から上がったら、肌をタオルで軽く押さえるようにして水気を拭き取る。
夏でも、扇風機などで自然乾燥させることが重要です。

3週間くらい、この汗腺トレーニングをすれば、休眠中の汗腺が働くようになって、いい汗をかけるようになります。
入浴方法の他には、ウォーキングのような有酸素運動がおすすめ。
30分程度歩き汗をかいてから入浴しましょう。
まとめ

人間は体温を一定に保つ必要があります。
どちらかというと、脳に近い上半身の汗腺は発達し、手や下半身の汗腺機能は低下しやすくなります。
運動不足、エアコン漬けで、汗をかかないと、さらに汗腺機能が低下し、能動汗腺も少なくなるのです。
適度な汗をかくことは必要で、健康なら当たり前のこと。汗腺トレーニングをして、いい汗をかきましょう。

スポンサーリンク

シェアをお願いします。